令和元年の宅建士試験のスケジュールが確定! 申込期間は? 合格発表はいつ?

6月7日に令和元年の宅建士試験のスケジュールが確定いたしました。
間違っても申し込みしそびれ等がないようにしっかりチェックしておきましょう。

申込期間


郵送申し込みとインターネット申し込みがあります。
このブログを見てくれている方であればほとんどがインターネット申し込みを選ばれるかと思いますので、インターネット申し込みから紹介していきます。

インターネット申し込み
インターネット申し込みの期間は令和元年7月1日(月)9時30分から7月16日(火)21時59分までです。
7月16日終日ではないことだけ気を付けましょう。
まぁ受験するつもりで締切日ぎりぎりまで申し込みをしないという人のほうが稀な気はしますが、それでも念のため。
なお、申し込み時に先着順で試験会場を選ぶことが出来ますので、その点でも早めの申し込みが望ましいです。

郵送申し込み
郵送申し込みは、まず試験案内(申込書)を入手する必要があります。試験案内(申込書)の配布期間は令和元年7月1日(月)から7月31日(水)までです。各都道府県の宅地建物取引業協会本部・支部と、一部の書店にて配布されます。
申し込み期間も配布期間と同じく令和元年7月1日(月)から7月31日(水)までです。郵送の場合は7月31日当日消印有効です。
期間がインターネット申し込みよりも長いので、インターネット申し込みをしそびれたという方は郵送を選択できます。
郵送申し込みの場合も会場指定は郵便到着順になります。顔写真(パスポート申請用サイズ…縦4.5cm、横3.5cm、頭頂からあごまでが長さ3.2cm以上3.6cm以下)の添付が必要です。

受験手数料

7,000円です。

試験日時

令和元年10月20日(日)13時から15時までの2時間です。
ただし12時30分から受験に際しての注意事項説明があるため、それまでに着席する必要があります。最後の調整・復習を直前に詰め込み過ぎないようにしましょう。
また、試験時間中の途中退出はできない試験となっております。

合格発表

令和元年12月4日(水)です。受験する前から楽しみですね…!